長野松本パピーミル事件

アニマル桃太郎はパピーミル「杉本彩動物愛護団体Evaの告発」長野県松本市悪質繁殖業者

杉本彩 アニマル桃太郎 パピーミル

11月4日、劣悪な環境で多数の犬を飼育、虐待した疑いで長野県松本市寿北にあるペット販売業者の元社長がが動物愛護法違反の疑いで逮捕されました。社長の名前は百瀬耕二容疑者(60歳)と従業員・有賀健児容疑者(48歳)です。調査を進めると、動物への虐待内容は「劣悪な環境で飼育」という文言では軽すぎる内容ばかりだったのです。杉本彩さんが理事を務める動物愛護団体Evaの告発によるアニマル桃太郎経営者告発までについてまとめました。

アニマル桃太郎はパピーミル「悪質ブリーダー」

パピーミルとは日本語で「子犬工場」の意味です。ペットを大量に繁殖させている悪質なブリーダーのことですね。とにかく営利を追求しているため、ペットたちは生物として適切に扱われることはありません。生産性を重視するため、母体に掛かる負担を考慮せず、発情期が来るたびに妊娠・出産を強いられます。良心的なブリーダーなら、母犬の体を守るために、年に1回しか産ませません。環境のメンテナンス費や食費も最小限に抑えられている劣悪な環境なのです。


小さくて可愛らしい子犬の状態でペットショップに卸すために、まだ母親のぬくもりがほしい子犬も早々に母犬と引き離されてしまいます。

犬は生後3か月頃までが、性格や精神面を決める社会化期とされていまる。この時期に無理やり親から引き離され、犬としての生活を身につけることができないと、ほえたりかみついたりするなどの問題行動を起こしやすくなってしまう。

こうした強いストレスによって、性格が歪んで育つ可能性もあるといいます。


劣悪な繁殖施設の実態について、各所報道をまとめました。

  • 手の届かないほど高く4段~6段も積み上がったケージに1~3頭ずつ入れられる
  • 糞尿が上段から垂れ落ち、ケージの受け皿から溢れ、垂れ流れている。清掃はもちろん行き届いていない。
  • 死骸は産業廃棄物として、糞尿や生ゴミと一緒に袋などに入れられてに廃棄されていた。
  • 床面は糞尿により錆びた鉄製の網すのこ。犬の足裏は開き腫れあがってカエルの足のようだった。
  • 毛玉に覆われて身動きが取れない状態。
  • 爪が伸びっ放し、怪我や病気があっても適正な医療は受けられない。
  • 人気犬種のフレンチブルドッグは、陣痛がくると四肢を結索固定して、獣医師免許を持たない元社長が毎回無麻酔で帝王切開していた。
  • 手術器具や止血用の布切れは未滅菌。
  • 狂犬病予防接種についても未接種の疑いがある。

次のリンク先ページでは、アニマル桃太郎繁殖場の実態や元社長の評判についてまとめています。
アニマル桃太郎百瀬社長の顔画像「無麻酔帝王切開するパピーミルの実態」長野松本市動物虐待


アニマル桃太郎を通報したEva「杉本彩が設立団体」

「なんで今まで摘発されてこなかったんだろう」…まさに疑問ですよね。

行政が見てみぬふり
今回は、外部からの圧(有名人の団体が絡んだからだと思われ)

匿名掲示板に書かれている通り、今回の劣悪繁殖業者「アニマル桃太郎」の逮捕には有名芸能人・杉本彩さんが設立した公益財団法人が関わっています。


杉本彩さんが動いたことで、事態放置が免れたのかもしれません。なぜなら、アニマル桃太郎の元従業員は、何年も前から保健所や警察にも訴えていたのです。県警は、事態を放置したら世間からバッシングを受けると考えたのかもしれないですね。公益財団法人動物環境・福祉協会Evaは、杉本彩さんが理事長を勤める動物愛護団体です。理事長自らYouTube動画で語り、インスタ、ツイッターなども発信も活発で、動物が共に幸せに暮らせる社会にむけて、日々真剣に取り組んでいることが伝わってきます。

公益財団法人動物環境・福祉協会公式Instagram▶ @evaanimal

公益財団法人動物環境・福祉協会Evaのホームページにも「長野県松本市 犬の劣悪繁殖業者元代表逮捕」についてしっかり書かれています。アニマル桃太郎の元経営者逮捕について、こういった動物愛護団体が関わっていることまで報じている記事はなかなかみつかりませんでした。いきなり警察が目をつけた訳ではないのです。もっと多くの人にこの事件を知って欲しく、様々な経緯を知ることが大事だと思い記事にしております。
服部恭太家族で公団暮らし「母子家庭説は嘘」京王線国領駅17人殺傷事件


アニマル桃太郎の元経営者逮捕まで

アニマル桃太郎の元社長らの逮捕までの道のりをまとめます。内容に間違えがないよう、公益財団法人動物環境・福祉協会Evaのホームページを参考にさせていただきました。

  • アニマル桃太郎の元従業員から、地元獣医師に相談される。元従業員は、数年前から保健所や警察にも訴え続けてきたが取り合ってもらえなかった。
  • 2021年6月、協会Evaに地元動物病院の奥原淳獣医師からの虐待通報が寄せられる
  • 通報者とやり取りをはじめ、長野県警に連絡を取り報告書を提出へ。
  • 長野県警から通報者や関係者に事情聴取がなされる。
  • 9月2日・3日に「アニマル桃太郎」の大規模家宅捜索が行われる。
  • 9月14日付で協会Evaはアニマル桃太郎元経営者を「動物愛護管理法違反 及び 狂犬病予防法違反」により刑事告発。
  • 11月4日、元代表の百瀬耕二容疑者(60)と従業員逮捕。

こちらの案件は、今年6月に当協会が通報を受け、通報者、警察と連携を取り粛々と進めております。

と明記されていますね。

協会Evaは、アニマル桃太郎を告発しただけではなく、捜査段階から犬の行先を心配し、信頼できる動物愛護団体や関係者に協力の打診をするなどの事前準備を進めていたと言います。しかし、アニマル桃太郎の大規模家宅捜索後、元オーナーに動きが。


9月6日、全頭事業者に移動したようだとの連絡が入る。

これは全く喜ばしいことではないのです。状況は、恐らく元経営者と親交のあるペット関連事業者に所有権を移し、そこから業界団体と繋がりのある業者に移動したとのこと。事業者絡みでは、販売か、繁殖可能の若い個体なら繁殖犬に回されてしまうのです。
末益歩インスタ顔画像「加工なしで愛翔くんと写る姿」福岡県中間市3歳児虐待死


パピーミル事件の前例「刑事告発で不起訴」

2018年3月に動物愛護法違反(虐待罪)で刑事告発された福井県内の動物販売業者がありました。400匹近くの犬猫を劣悪な環境で過密飼育し、繁殖を繰り返していたという事件で、まさにアニマル桃太郎と同じケースです。テレビ各局にも取り上げられて、大きな反響があったのですが、嫌疑不十分で不起訴となりました。


次の画像は【福井県内の動物販売業者】のもので、ニュースでも報道されたものです。また、次の写真は【栃木県の引取り屋】の実態。ペット販売業者や繁殖業者から売れ残ったペットを有償で引き取る「引き取り屋」があるといいます。直接的に暴行を加えて殺しているわけではありませんが、人間で言う〈ネグレクト〉で虐待にあたります。2018年3月に刑事告発された【福井県内の動物販売業者】が不起訴となったように、動物虐待罪で処罰するには、立証面で高いハードルがあるんですね。2014年7月、アメリカで悪質なパピーミルが摘発されました。そのパピーミルの運営者は逮捕され、課された刑は懲役25年。アニマル桃太郎の今後にも注目していきたいと思います。
服部恭太生い立ち「進学断念、2度の盗撮解雇」京王線国領駅ジョーカー殺傷放火事件


有名ショッピングモールもパピーミル

消費者であるあなたが、ペットショップで子猫や子犬を購入したら…そこの子たちは「パピーミル」から来ているかもしれないのです。ガールズチャンネルにはこんな書き込みがありました。

●●●ところはほぼパピーミルのとこの子だよ。
ほとんどのペットショップはペットオークションってとこで買い付けてるよ。
ベルトコンベアぺで流れてる子たちを買うところ。3000円くらいから売られてる。

それを50万で売ってんの?

コロナ禍のいま、ペットショップは大盛況だといいます。いずれはペットを飼いたいなぁと考えていた人も、行政の動物愛護センターや動物愛護団体にいる保護犬や保護猫を引き取ることも検討してみるなど、動物を飼う前に一度よく調べて考えてほしいと思います。
次のリンク先ページでは、アニマル桃太郎の元経営者の名前、顔画像、Facebookアカウント、実態などについてまとめています。
アニマル桃太郎百瀬社長の顔画像「無麻酔帝王切開するパピーミルの実態」長野松本市動物虐待

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!