ORGANIC HOUSE

オーガニックハウスで理想の外観を手に入れる4つのポイント

家づくりは人生の一大イベント。満足できるようにオンリーワンでおしゃれな外観のマイホームにしたくありませんか?

・目を惹く高さを抑え水平ラインを意識した設計

オーガニックハウスの特徴は、地平線や水平線のもつ安定感、広がり感をデザインに取り入れています。高さを抑えた建物、勾配の緩い屋根、深い軒などを構築することで、見る人に安心感を与えます。

家とガレージを繋げた連続した屋根は水平ラインを強調します。

窓の高さを揃えると水平ラインが強調されます

2階バルコニーの手すり、2階窓の外の飾り、1階キッチンの窓枠

 

 

***フランロイドライト、オーガニックハウス、長野建築サービス***
・生活感をオシャレで隠す
排水を壁材で隠し、家の外観のアクセントに!壁を部分的に石の壁材にして、高級感が断然アップ
とても気に入っているポイントです。近所の人は家全体の壁が石と勘違いするほど効果的!
”とよ”も工務店の方が隠してくれました。だいぶ生活感が無くなりますね。
・引き違い窓は多用しない
窓といったら引き違いが一般的です。左右対称で2つ並べると人の顔の用にも見える。全く知らな かったが、窓には沢山のパターンがある。お勧めは
***片方FIXにしても費用は変わりません、以前住んでいた家で引き違い窓だったが、結局片側しか開けていなかったことを思い出し、開ける方を想定して片側FIX窓を多用した、熱効率もFIX窓の方が良いので、開ける必要が無い場合はお勧め。FIX窓のデメリットは2階などで足場が無い場合手が届かないので掃除が大変;;

・ガレージを家と繫げる
総二階の家は費用が安いのですが、直方体で形が単調です。横にガレージを繫げると家の印象が大きく変わり、表情のある家になります。

今回は見た目の話でしたが、別の回で費用や機能的な話もしますね

なぜオシャレな家に見えるのか全くわかりませんでした。家づくりをしている間に、工務店の人の話を聞いたり、フランク・ロイド・ライトという有名な建築家の事を調べたりすると、何となくわかってきました。実際はオシャレな家が分かったというよりは、こだわることができるようになったというのが正しいかもしれません。”こだわる”ことが満足する家造りの最大のポイントだと思っています。