わいせつ・暴行

里親ファミリーホーム事件の男顔画像「57歳が恋愛感情と言い訳」長野監護者性交等罪

長野ファミリーホームの男顔画像 住所

11月16日、県の児童福祉事業「ファミリーホーム」で18歳未満の養女に性的な行為などをした監護者性交等などの罪が問われていた57歳の男に、懲役5年6か月の実刑判決が言い渡されました。被告の男による性的虐待被害を訴えている児童は複数人いるということですが、男の実名は報道されていません。「長野ファミリーホーム事件」のがあった男の自宅は一体どこなのでしょうか。監護者わいせつ罪が問われた男の顔画像や名前、住所、児童について情報をまとめました。

里親ファミリーホーム事件の男顔画像調査

監護者性交と児童福祉法違反の罪に問われていたのは、長野県内の自宅で里親として子どもを養育していた57歳の男。2020年5月下旬から11月下旬頃まで養育していた自宅で、養女が18歳未満と知りながら10回以上、性的虐待を重ねたとされています。実の父親のように慕っていた養父から犯行を受け、妊娠の不安を感じるなど肉体的にも精神的にも深く傷ついた悲しい事件です。「被害児童の特定につながる恐れがある」として、男の詳細は年齢しか明らかになっていませんでしたが、唯一、警察署に入る映像が報道されています。顔画像はこちら!と言いたいところですが…この画像が限界でした。。通常なら警察署の映像までモザイクかけないと思うんですが、これはあすべて「被害児童の特定防止」のためなのでしょう。情報がしっかりシャットアウトされています。念の為、匿名掲示板(5ちゃんねる・爆サイ)なども確認してみましたが。話題には挙がっているものの…ファミリーホームの養護者の男について、有力な情報の書き込みはありませんでした。
林田覚会社は電気事務所「64歳には見えない会社役員」岡山総社市国道4人重軽傷事故


里親ファミリーホーム自宅住所調査「長野県南信地方」

「被害児童の特定につながる恐れがある」として、男が養育していた児童数や里親を務めた期間などは明らかになっていませんでしたが

県内で里親として施設で複数の子どもを養育していた57歳の無職の男

などとする記述などから、ファミリーホーム経営者の可能性が高いと推測可能でした。


そして、後日の報道で「ファミリーホーム(小規模住居型児童養育事業)」だったことも明らかになっています。男の名前やファミリーホームの住所は非公開ではありますが、時事通信の記事に長野県内の地域が特定できる「長野地裁飯田支部」の記述がありました。

長野地裁飯田支部は11月16日、懲役5年6月(求刑・懲役6年)の実刑判決を言い渡した。

つまり、長野県内の児童相談所で言う「飯田児童相談所」の管轄内にある可能性が高いと思われます。

飯田市、駒ヶ根市、上伊那郡のうち飯島町・中川村・宮田村、下伊那郡(松川町、高森町、阿南町、阿智村、平谷村、根羽村、下條村、売木村、天龍村、泰阜村、喬木村、豊丘村、大鹿村)

そして、11月17日の報道で映し出された施設(自宅)画像がこちらです。モザイクありなのでめちゃくちゃ見にくいです(泣)


長野県のホームページからもファミリーホームの情報も一部閲覧可能でしたが、法人が運営している場所しか掲載されていないようでした。また、「ファミリーホーム、長野県、飯田」で検索しても公開されている情報は確認できず…念ながら、男の自宅(ファミリーホーム)画像と照合できるような有力な情報には辿り着けませんでした。新しい情報が入り次第、追記して参ります。
保住直孝現在顔画像「呂律回らずホームレス生活」元ボクシング世界大者脅迫逮捕


里親ファミリーホーム事件の経緯まとめ

【2021年2月逮捕】県内ニュース報道
県内の50代の男が10代の少女に対し、優位的な立場を使って性的な虐待をしたとして逮捕される。

【4月28日|プレリリース】
長野県が〈重大な被措置児童虐待が発生した〉としてプレリリースを発表。

※一部抜粋※

(1)施設種別等:里親等(男性)

(2)被措置児童虐待の類型:性的虐待(1名)・身体的虐待(2名)

【参考】これまでの経過

  ○被害児童を緊急一時保護

  ○県児童福祉専門分科会処遇審査部会へ報告

  ○里親等へ措置している全ての児童に緊急安全確認(個別面談)を実施

  ○県児童福祉専門分科会処遇審査部会において対応方針(検証・再発防止)について意見聴取

  ○重大被措置児童虐待検証委員会による検証実施を決定

県内ニュースで逮捕が報道されてから2カ月後の発表です。時間かかりすぎですよね。

【4月30日|長野県が記者説明】

  • 長野県が「要保護児童に対する重大な虐待事案」を発表。
  • 里親を務めていた県内在住の男が、養育していた延べ3人の児童に性的や身体的な虐待を繰り返していた事案を確認したと公表。
  • 長野県は里親による虐待事案について、初めて第三者検証委員会を設ける。
  • 「被害児童の特定につながる恐れがある」として、男が養育していた児童数や里親を務めた期間、刑事事件として立件されたかなどの情報は明らかにしていない。

【2021年5月|検証委員会で議論開始】
検証委員会でのこれまでの会合はすべて非公開で行われる。
2022年3月までに検証結果が公表される予定ですが、公開、共有すべき。外部からも中間報告が求めてられていましたが、検証委員会(4回目)で見送られることが決まりました。しっかりしてくれ。
堀雄帆の赴任中学校調査「高学歴薄毛ナルシスト」栃木県宇都宮市支援学級講師淫行逮捕


57歳養護者が恋愛感情を語る「ただの性欲」

9月14日に開かれた公判では被告人質問が行われました。

  • 「大切に育てていく中で恋愛感情のような気持ちが生まれた」
  • 「気が付いた時には性行為をしていた」

「大切に育てていく中で恋愛感情が生まれ、気が付いた時には性行為をしてた」
は?言い訳にもなっていない。
大切に育てることと、恋愛感情が一本でつながるというのが不可解だよ。

「全国で身を削って子どもたちと向き合っている里親に対して社会的信頼を汚してしまい申し訳ない」と謝罪の意を示すとともに、「嫌がっているとは思わなかった」と情状酌量を求めていました。


【判決公判|11月16日】検察側の求刑懲役6年に対し、懲役5年6か月の実刑判決がくだされています。弁護士によりますと、「自分が行ったことを考えると当然の刑」などと弁護人に話し、控訴しない意向とのこと。
堀雄帆の赴任中学校調査「高学歴薄毛ナルシスト」栃木県宇都宮市支援学級講師淫行逮捕


長野監護者性交虐待事件・事件概要

  • 11月16日、県の児童福祉事業「ファミリーホーム」で18歳未満の養女に性的な行為などをした監護者性交等などの罪が問われていた男に、懲役5年6か月の実刑判決が言い渡されました。
  • 長野県内の50代の被告の男は、2020年11月「ファミリーホーム」を運営していた自宅で、10代の少女に対し養護者の立場を利用して性的な行為をしたなど。実名報道はされていません。
  •  弁護士によると、50代被告の男は控訴しない意向とのこと。

新しい情報が入り次第、追記していきます
丸山大輔妻・希美さん画像「自宅兼店舗は笑亀酒造」長野県塩尻市議員宅殺人事件

アニマル桃太郎百瀬社長の顔画像「無麻酔帝王切開するパピーミルの実態」長野松本市動物虐待

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!