ORGANIC HOUSE

ORGANICHOUSEを選んだ理由を解説します。

これはすてき!おしゃれ~!って思うことはある。

でも、自分が演出できるかどうかは別の話だと思っています。

いくらおしゃれなものを集めても、統一感がなければゴチャゴチャした印象になってしまい、途端におしゃれではなくなってしまいますよね。

インテリアって難しいです…

ORGANIC HOUSEを選んだ理由

コンセプトに共感できる

オーガニックハウスのテーマは“世代を超えて住み継がれる家”

建てた当時だけではなくその先の時代にも相応しいデザインを創造してきたフランク・ロイド・ライト(建築家)の建築思想と、日本独特の感性を融合させた高いデザイン性がオーガニックハウスの特徴です。

親と同居しているわが家、娘にも住まい方の選択肢を広げて欲しいという想いがあります。

私たちにとって“世代を超えて住み継がれる家”とはひとつの理想的な考えでもありました。

デザインの方向性がはっきりしている

高いデザイン性がオーガニックハウスの特徴です。

デザインに統一感があると、すっきりして落ち着いた雰囲気でおしゃれ度がUPします。

我が家は、玄関・リビング・トイレ・階段をフランク・ロイド・ライトのデザインをイメージして造作してもらい、家全体で統一感とオリジナリティが出るようにしました。

幾何学模様で華やかにする

 使用した場所【玄関・トイレ・リビング】
living

フランク・ロイド・ライトがデザインした幾何学模様。

建物と同じくほぼ直線のみで構成され、対象・非対称が絶妙なバランスで組み合わされているのが特徴で空間のアクセントになります。

玄関・トイレの壁、リビングの天井に木の板で幾何学模様を造作してもらいました。

無機質な一面が絵画を飾ったかのように華やかになります。

石のタイルでアクセントをつける

 使用した場所【玄関・トイレ・階段】

mosaic玄関とトイレの壁には幾何学模様と組み合わせて、階段には蹴込板の部分に直線的に貼りました。

フランク・ロイド・ライトのデザインと相性の良い直線的なデザイン。

色はオレンジで温かみを感じさせます。

担当建築士さんのセンスが良い

見た目、雰囲気、考え方など、その人が選び取ったものを見てみましょう。

住宅はデザイン性が高まるほど費用はUPします。でも、何もしなければ満足度に欠けてしまう。バランス感覚を信じられる担当者だと◎

相性が良いと感じた

ハウスメーカーさんでは、担当者の肩書は営業マンがほとんどです。

設計やデザインはまた別の担当者が居て顔が見えない。

でも、私たちの担当はデザインに強みのある建築事務所の建築士さん!

自分たちのあーしたい、これはどう?という問いかけに対して、設計・工事・行政手続き・デザイン目線でも応えてくれるのが本当に良かった!

さいごに

あなたは今、家づくりに疲れていませんか?

担当者さんとの相性は良好でしょうか??

疑問が生じた場合は早め早めに解消していくことをおすすめします。

費用のことばかり聞きにくいなぁ…って遠慮はNO!どんな質問にも丁寧に応えてくれる会社であることが大事だと経験しました。

費用対効果を勘案して、調査・比較・検討することは消費者の権利です。

時間の許す範囲で、積極的に行動していきましょう!