殺人・通り魔

箱崎翔容疑者の顔画像「おっさんがウソついた」埼玉県草加市解体工殺人事件

箱崎翔

8月6日埼玉県草加市のアパートで、同居していた同僚、須藤政美(すとうまさみ)さん・44歳の顔面を殴り死亡させたとして、解体工の箱崎翔(はこざきしょう)容疑者・26歳が逮捕されました。箱崎翔(はこざきしょう)容疑者は、会社の同僚7人で同居していた部屋で、須藤政美(すとうまさみ)さんともう1人の同僚に、日常的に暴力を振るっていたようです。7人で1部屋で暮らすという環境が気になる解体工の箱崎翔(はこざきしょう)容疑者について、ネットの情報をまとめました。

箱崎翔(はこざきしょう)容疑者の顔画像プロフィール

こちらが、同居していた同僚、須藤政美(すとうまさみ)さんの顔面を殴り死亡させた解体工の箱崎翔(はこざきしょう)容疑者の移送中の顔画像です。名前:箱崎翔(はこざきしょう)

年齢:26歳

住所:埼玉県草加市

職業:解体工

学歴:不明

年齢的に先輩に暴力を振るってたん?
逆なら分かるが、会社の序列的にそんな偉いのか?

ムカついたから殺した。
それが通れば毎日何千人も殺されてますわな。

建物を解体する仕事で、解体請負業者で雇われていると思われます。箱崎翔(はこざきしょう)容疑者は「ウソをつかれたりしたのでムカついてやりました」と取り調べで話しています。話し合いや言葉で解決ができない未熟な大人だったことが感じ取れますね。


自分の思い通りにいかない状況に「言葉よりも手が出てしまう」行動の多くは、対人関係スキルにつまずきを抱えています。須藤政美(すとうまさみ)さんは44歳。体力も気力も勝っている26歳の箱崎翔(はこざきしょう)容疑者には敵わなかったのでしょう。
ジャングルジム事故兄の顔画像「北大路三丁目付近で目撃」偽装・大津市6歳妹暴行死


箱崎翔(はこざきしょう)容疑者の社員寮を特定「ハイム青柳」

箱崎翔(はこざきしょう)容疑者の自宅であり、須藤政美(すとうまさみ)さんへの暴行事件現場となったのは「ハイム青柳」であると判明しました。

  • 埼玉県草加市青柳3丁目20−5 ハイム青柳
  • 三階建て
  • 2DKまたは3DK

どんな間取りかは分からないけど、同じ部屋に5人もいたら、頭おかしくなるわ。上下関係があったなら、なおさらだと思う。弱者と強者。

気になる間取りを調査しみました。 ハイム青柳の間取りは2DKまたは3DKです。さすがに7人なら3DKかな…?と思いますが、寝る為だけの部屋であれば2DKであった可能性も0ではありませんね。
ネットで出てきた間取りはどちらも「2DK」のものでした。主要採光面によって造りは異なってくるでしょう。

室内の様子はこんな感じでした。1989年5月(築33年)ですので、造りは古いです。7人で使う玄関は靴が重なり合っていそうな画が想像できますね…水回りの掃除など、清掃が行き届いていない様子が目に浮かびます。

社員寮はタコ部屋?タコ部屋経験者の声

「タコ部屋」とは…かつて、過酷な重労働に従事する労働者の人足部屋(飯場、寄宿舎)の呼び名でした。由来はいくつかあるようですが、一つは、ここに入ると蛸壺 (たこつぼ) のタコのように出られなくなるところからその名がつきました。


主に第二次大戦前に、北海道・樺太の炭鉱などでみられた労働者の宿舎を指します。また、現代でも、劣悪な居室環境の社員寮を示唆して使われることがあります。

会社が借りたタコ部屋だよ
建設会社で働いてたときは、男と相部屋だった
相棒が頭がいかれたやつなら、比較的ましな会社なら言えば代えてくれる
やっぱりおかしいの一定数いる

俺も3人同居のタコ部屋で派遣に出てた経験があるけど
一人でも汚くおかしいやつが混ざると
ストレスが半端なくなるしな
あんな生活に浸かってるとやっぱどこかおかしくなってくるわ

仕事現場まで同じ車で移動し、帰りも同じ車に乗って自宅へ戻る。住居も一緒で24時間一緒の空間だとすると、ストレスはもの凄そうです。


コロナ渦で自粛生活が始まり、家という閉鎖空間で夫婦の過ごす時間が増えたことにより「コロナ離婚」が存在したのも似たようなこと。特に、もともとモラハラの傾向を持つパートナーのいる家庭が限界を迎えたといいます。
グァンスと篠原涼子の不倫疑惑「アンクレット貰ちゃった」SUPERNOVA韓流アイドル報道


箱崎翔(はこざきしょう)容疑者・タコ部屋で集団いじめ

上項のとおり、タコ部屋化していた「ハイツ青柳」の社員寮では、ストレスのはけ口がタコ部屋の中での弱者であった須藤政美(すとうまさみ)さんに向けられてしまったのかもしれません。

同部屋の人かどうかは記載がありませんが、別の2人からも暴行を受けて骨折とのこと
とばっちりを恐れてか、見て見ぬ振りが常態化していたのかもしれませんね
どんな嘘をつかれたら、人をフライパンで殴って骨折させたり、死に至るほど顔を殴るほどムカつくのでしょうか

タコ部屋の中にもカーストがあるんだね 44歳の方が亡くなって26歳の働き盛りも逮捕されちゃって会社は大変だろう

箱崎翔(はこざきしょう)容疑者の会社を調査

コロナ禍で、従業員7人を共同生活させている会社にも疑問の声が上がっています。報道では、須藤政美(すとうまさみ)さんと箱崎翔(はこざきしょう)容疑者の会社は公表されていません。また、「ハイツ青柳」は「アパマンショップ」が管理しているようですが、契約している会社までは特定できまんせんでした。

真面目な人もいるのにとか書いてる人は、多少でも現場を見たことあるのか?
解体、産廃、トビ関係、名店の料理人
日常的に蹴りや殴りが行われてる
解体やトビは作業用のメットを被ってるから、当たり前に工具で殴られてる
危険な作業は他者を巻き込むと重大事故に繋がるから許されてる部分もある
大手ゼネコンの現場なんかは、コンプライアンスの関係で出入り禁止になってる業者も多い
これが現実で、技能実習制度の外国人をボコボコにしてるのもいるんだよ
問題ある業者を無くす為にも、技能実習制度は廃止すべき

このコロナ禍で タコ部屋にして従業員住まわせてる会社ってどーなの? 仕事でも プライベートでも顔付け合わせて生活してたら小さな不満の1つ2つ出てきて当たり前 だけどーー人を殴っていい理由にならない

野郎5人で同じ部屋で寝起きなんて
現代版タコ部屋か?
この会社も調べた方がいいんじゃない?


埼玉県草加市解体工殺人事件・事件概要

  • 8月6日埼玉県草加市のアパートで、同居していた同僚、須藤政美(すとうまさみ)さん・44歳の顔面を殴り死亡させたとして、解体工の箱崎翔(はこざきしょう)容疑者・26歳が逮捕されました。
  • 須藤政美(すとうまさみ)さん・44歳は、6月25日に拳で殴られて病院へ搬送。意識不明の状態で約1か月間入院が続いた後、死亡しました。
  • 警察によると、箱崎翔(はこざきしょう)容疑者と須藤政美(すとうまさみ)さんは、別の同僚5人と同じ部屋で暮らしていました。
  • 須藤政美(すとうまさみ)さんは事件の2日前、別の同僚2人からもフライパンなどで殴られるなどの暴行をうけ、肋骨(ろっこつ)を骨折していました。
  • 箱崎翔(はこざきしょう)容疑者は、会社の同僚7人で同居していた部屋で、須藤政美(すとうまさみ)さんともう1人の同僚に、日常的に暴力を振るっていたようです。
  • 箱箱崎翔(はこざきしょう)容疑者は「ウソをつかれたりしたのでムカついてやりました」と容疑を認めています。

ジャングルジム事故兄の顔画像「北大路三丁目付近で目撃」偽装・大津市6歳妹暴行死

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!