NEWS

茨城県取手市稲の共同墓地特定「頭がはみ出し異様な物体」布団巻き遺体遺棄事件

茨城県取手市 墓地 遺体

茨城県取手市稲(いな)の共同墓地の西側の道で、布団に巻かれ紐ひもで縛られた成人男性の身元不明遺体が見つかりました。遺体は目立った出血はなく、腐敗はしていないということです。
後日、千葉県我孫子市天王台2丁目、職業不詳北田和彦(きただかずひこ)さん・59歳と身元が判明しました。現場の詳細や画像・動画や身元について記述。住民の声もまとめていきます。

茨城県取手市稲の共同墓地・遺体遺棄現場を特定

現場はJR取手駅からおよそ2.5キロ離れた農地と住宅が点在する地域で、遺体が見つかったのは墓地と雑木林の間を通る細い道だということです。

ニュース映像から、こちらの墓地を特定しました。
住所:〒302-0026 茨城県取手市稲(いな)


この辺りは、近くに古い民家が点在している場所で、人通りも少なく、店舗や街灯も少ない郊外です。

発見した男性は、毎日同じ場所をジョギングしていて、前日(6月8日)の同時刻には遺体はなかったと話していると言います。街灯も少ない地域ですので、深夜に走る明るい車があれば、明るいライトは大変目立つのではないでしょうか。よほどの近所でなければ、車を利用しているはずです。

また、国道294号や常総ふれあい道路の抜け道に利用される狭い道路で、土地勘がある人物でなければ利用しないと思われます。


布団巻き遺体遺棄事件・周辺住民の声






身元不明で確認中

遺体は、成人男性ですが身元不明で調査中です。

  • 遺体は男性で身長が約1m70cm
  • 年齢は推定40歳から60歳くらいで中肉、黒髪
  • 白い半袖の肌着と灰色のボクサーパンツを身につけていた
  • 目立った外傷はなく、身元が分かるような所持品なし

遺体は顔にタオルが巻かれ布団にくるまれていたということで、布団から犯人や被害者のDNAが検出されることでしょう。布団のうえから、ビニール紐がぐるぐる巻きつけられ縛られていたということです。
目立った出血はなく、腐敗はしていないということです。速やかに犯人逮捕へつながることを願います。


布団巻き遺体遺棄事件・犯人像

犯罪の発生状況を地域別かつ、人口当たりの認知件数で比較した都道府県「犯罪率」ランキングをみると、「茨城県」の犯罪の多さが一目瞭然です。

①重要犯罪…殺人,強盗,放火,強姦の凶悪犯に略取・誘拐,強制わいせつを加えたもの
「茨城県」は全国10位


➁重要窃盗罪…窃盗犯のうち,侵入盗,自動車盗,ひったくり,すりをいう。
「茨城県」は全国1位茨城県は窃盗がとても多いのが分かりますよね。大都市との手口の違いは「無施錠による住宅侵入盗被害」の割合と言われています。都市規模が小さい地域ほど,戸締りをせずに自宅を留守にする習慣を持り、侵入口の破壊をしなくても侵入できてしまう容易さが関係しています。

このことから、窃盗目的の住宅侵入時に殺害された可能性をまず疑いました。しかし、窃盗目的であったならば、遺体をわざわざ運ばずに住宅に残してくるでしょう。つまり、男性は、自宅以外の場所で殺害されたと考えます。
170cm中肉の男性を運べるのは、女性2人でも無理です。複数人の男性でしょう。平成7年国勢調査結果によると、茨城県に居住する外国人は、24,798人になっており、20年間で6.6倍に急激に増加。全国順位は、10位にランクされています。


ただ、きちんと在留資格を持っている外国人も居ますが、不法滞在者も問題になっています。不法滞在外国人は法的な地位が安定していないことから犯罪に走る傾向があるとされています。

身元が分かる所持品もなく、身元が元々割れにくい人物であるため、遺体は隠されなかったと考え、不法滞在外国人同士の事件の可能性があるのではないでしょうか。


布団巻き遺体遺棄事件・概要

  • 6月9日午前5時40分すぎ、茨城県取手市稲(いな)の墓地のそばの道で、ジョギングで通りがかった60代男性から「毛布でくるまれた遺体がある」と警察に通報がありました。
  • 遺体は顔にタオルが巻かれ布団にくるまれていて、上半身はひもで縛られていたが、目立った出血はなく、腐敗はしていない。
  • 成人とみられますが、性別は分かっていない。
  • 現場はJR取手駅からおよそ2.5キロ離れた農地と住宅が点在する地域で、遺体が見つかったのは墓地と雑木林の間を通る細い道だった。
  • 警察は身元の確認を急ぐとともに、遺体が遺棄された疑いがあるとみて捜査している。
    【6/10追記】
  • 遺体は身長約1メートル70センチ、年齢は40歳から60歳くらい。
  • 白い半袖の肌着と灰色のボクサーパンツ姿。身元判別できず。
  • 6月8日、現場周辺は夕方雨が降っていたが、布団は濡れていなかった。遺体は6月8日の夜から9日の朝方にかけて遺棄された可能性が高い。
    【6/11追記】
  • 遺体の身元判明。千葉県我孫子市天王台2丁目、職業不詳北田和彦さん(59)
  • 司法解剖の結果、首を圧迫されたことによる窒息死の疑いがある
    【追記】
  • 遺体は死後2~4日が経過しているとみられたという。
  • 北田和彦さんはJR常磐線天王台駅近くにある2階建てアパート住まい。身元は行方不明者情報から割り出している。

続報が入り次第、追記していきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください