時事問題

クボジュン大谷インタビューが稚拙「ヘタすぎて誰かわからない」オールスターホームランダービー

クボジュン インタビュー

元NHKのクボジュンこと久保純子アナウンサーが、7月12日米オールスター前夜祭の人気イベント、ホームランダービー(本塁打競争)にNHKの現地リポーターとして登場して話題になりました。クボジュンのインタビュー後にはインタビューが下手すぎるという理由で「クボジュン」がTwitterのトレンド入り、話題になった大谷インタビューの様子やネットの反応をまとめてお届けします。

【動画】クボジュン大谷インタビューが稚拙

大谷選手エンゼルス大谷翔平投手が出場したホームランダービーは、NHKでライブ放送されました。大谷選手はホームランダービー第1ラウンドでナショナルズのソトと対戦し、2度の延長の末に敗退。延長に次ぐ延長でスタンドのファンは大盛り上がりでした。


リポーターには、NHK時代にスポーツコーナーも担当していた久保純子アナウンサー。ホームランダービーの前後に大谷選手にインタビューを行っています。

▼ホームランダービー前に開かれた会見

「ホームランダービーについてなんですが、今日本は東京で非常事態宣言が出たり、本当に出口が見えず苦しい状況にあります。そんな中で日本の皆さんが楽しみにしているのが朝起きて見る大谷選手の活躍と、本当に皆さんおっしゃっているのですが、今日はどんなパフォーマンスを見せていただけますでしょうか」

   新型コロナウイルス感染拡大に伴い、政府は東京に4度目の緊急事態宣言を発令しています。「日本は今非常事態宣言で」という言い間違いも…クボジュン

▼ホームランダービー直後のインタビュー

クボジュン:お疲れさまでした~!今の率直なお気持ちをお聞かせください。

大谷選手:疲れました。はい。

クボジュン:疲れました。キツい~!と一言もありましたし、表情、こんな大谷選手を見たことがありませんでした。

大谷選手:そうですね~。あの、延長延長なんで、なかなか無いと思うんですけど…疲れましたね。

クボジュン:やはりこの(球場が高地にあるため)空気の薄さというのも、関係ありましたでしょうか。

大谷選手:いやもう、最後の30秒がすごい長くて。す~ごい疲れました。

クボジュン:こんなに疲れたのは、いつぶりですか?ありますか過去に?

大谷選手:いや無いですね。シーズン中もないのでこんなに(バットを)振ること無いですし。

クボジュン:ホームランダービー、初出演…初出場でしたけれども、いかがでしたか!?楽しめましたか?

大谷選手:楽しかったです!はい!雰囲気もすごい楽しめてますし。はい、良かったですね。はい。

クボジュン:他の選手からのも大きなハグなどありました。お~きなハグ、皆さんね。選手が皆さん集まって声かけてくれましたよね。

大谷選手:そうですね。みんなで楽しめてるかなと思うので、引き続き楽しみたいなと思います。

クボジュン:そして、(HR競争中に)電話も数々ありまして…。(元同僚の)プホルスさんですとかトラウトさんからの電話もあって、どんなお言葉だったんですか?

大谷選手:いや、観てるからね~っていう。はい。だから勝ちたかったですけどね。

クボジュン:今の気持ち、悔し~っていう感じ?なんでしょうか…?

大谷選手:いや、楽しかったです。はい。雰囲気自体も楽しかったですし、いい経験になったと思います。

クボジュン:そして、いよいよ明日は…二刀流(での先発)このオールスターの歴史上初となりますけども、今のコンディションで明日を迎える、今のお気持ちを聞かせてください。

大谷選手:まぁ明日は明日で試合になるので、それに向けて頑張りたいなと思います。

クボジュン:ゆっくり休めそうですか?なんか復活の方法はありますか?体力、体力を再び…戻す方法というのは大谷選手にはどのような方法が…

大谷選手:そうですね。疲れましたけど、これから休んで明日に備えたいと思います。

クボジュン:では、最後にメッセージを日本のファンの皆さんにお願いします。

大谷選手:勝てなかったですけど、雰囲気だけでも楽しんでもらえたら嬉しいなと思います。

クボジュン:悔しいです!でも、お疲れ様でした。いいものをみせていただきました。いい戦いをありがとうございました~!

などと、久保純子アナウンサーは大谷を見上げながら質問を重ねました。会場が騒がしい状況であったこのは理解できますが、大谷選手とは身長差があることも影響してか、大谷選手は聞き取りにくそうに耳を何度も傾けます。


延長を繰り返して体力使い切った大谷選手に対してのインタビューは、
もっとシンプルに、的を得た質問であってほしかったなと感じる部分も。クボジュン トレンド「悔しい」という言葉を引き出そうとしたように見えたインタビューでしたが、大谷選手は「楽しかったです」「引き続き楽しみたい」とポジティブな言葉とさわやかな笑顔で返答。


再延長の末の敗退だっただけに、久保アナ個人の感想は「悔しい」だったのでしょう。大谷選手はベストを尽くした晴れやかな表情だったのにも関わらず「悔しい」のいうワードを2回も出していた。スポーツを勝ち負けでしか評価していないようなインタビューが、後味を悪くしたような印象でした。


クボジュンの大谷インタビュー・視聴者の反応など

ホームランダービーホームランダービーを観ると、球場が満席、マスクなしの大騒ぎ。喜びのハグが溢れており、コロナのない別の惑星のように見えましたね。それだけ、アメリカと日本との感覚のズレがあるのだなぁと分かります。


ホームランダービーの前のインタビューで「日本は今非常事態宣言で(緊急事態宣言の言い間違い)…」とコロナの話題を持ち出していたことも「的外れでは?」とかなり指摘を受けていました。大谷インタビュー

マスク外して会場満員にしてもうコロナなんて終わったという雰囲気のイベントで、他にアメリカの記者とか多くいる場で、緊急事態宣言がどうとか日本の事情を前置きしてたこと。今日のイベントに何の関係があるんだ?

大谷インタビュー久保アナは2004年にNHKを退局し、フリーに転身。現在、家族で米ニューヨークに在住しながら活動を続けています。コロナ禍ということもあり、コロラドでのリポーターに白羽の矢がたったようだと報道されていました。

クボジュン インタビュー

久保純子さんのインタビューが、下手過ぎてガッカリ
楽しかったと言う大谷に対して、悔しいですか?と、ネガティブな質問ばかり。おそらく事前に考えていた「4回目の非常事態宣言〜」は絶対不要。ちゃんとしたスポーツアナか、野球解説者を派遣して欲しかったです。

大谷インタビュー

大谷選手素晴らしいです!!久保さん!まずはたたえましょう!久保さんの口から出るワードが、コロラドは空気が薄い!残念!シンドイ!緊急事態宣言中!ネガティブワードのオンパレードで気持ち悪くなった

クボジュン インタビュー

酷い。とにかく中身が無い。プレーしている大谷選手と全く違う温度差で、質問の内容が低レベル過ぎてオールスターに出演している選手に失礼。
イチローなら答えなかっただろうな。
なぜ野球と関係ない久保アナなんだ?酷い人選だった。

オールスター会場はものすごく楽しそうで、大谷選手もニコニコで雰囲気を楽しんでいましたね。大谷選手と温度差が違うという指摘も良くわかります。

大谷 インタビュー

クボジュンのインタビューが最悪だったのは、終始、自分の感情を押しつけてしゃべるだけだったからだと思う。わざわざ緊急事態宣言で苦しい日本とか言うのも、オオタニサンが楽しかったっつってんのに悔しさを引き出そうとするもの、それ全部クボジュンの感情なんだよね。インタビューになってない。

米大リーグオールスター戦前日恒例のホームランダービーに日本選手として初めて出場した大谷翔平選手だけに日本中が注目しています。その分、久保純子アナウンサーに対して評価が厳しい気もしますが…「クボジュンならもっと上手に出来たよね」というイメージとのギャップと「もっと気を引き締めて挑んで欲しかった」という気持ちが込められているような気がします。


ホームランダービーが日本で初めて中継され、こんなに過酷なものかと驚きました。次は本番のオールスターです。“お祭り”を心から楽しむ大谷選手が観ることができ、一緒に楽しみたいですね。

大谷インタビュー

いや、歴史に残るひどいインタビューでしたね。
全力を尽くして、延長を二回もやって、くたくたの大谷選手にいきなり暗い日本の話はないでしょう。口跡も悪いし、内容もひどいし、大谷選手が気の毒で仕方ありませんでした。
それでもほかの選手に気を使ってきちんと応対する大谷選手、本当に立派です!
それなのに、最後「悔しい!」はないでしょう・・・
明日のオールスターでは、このアナウンサー、絶対使わないでください。

POSTED COMMENT

  1. オオタニスゴイヨ より:

    日本人でメジャーのホームランダービーに出るなんて夢のよう。日本人に勇気を与えてくれている。ありがとうオオタニサン!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!