殺人・通り魔

松成英一郎の颯運送は兄弟経営「めったに会社に来ない」事故偽装オジ保険金殺人事件

松成英一郎 家族 運送 息子

殺人の疑いで逮捕された福岡県うきは市・運送会社会長は、ギャンブルや事業関連で数千万円の借金を抱えていました。借金返済に窮して叔父の保険金殺人を計画した疑いがある松成英一郎容疑者の颯運送とは一体どんな会社だったのか。会社情報や口コミ、従業員の声、代表取締役の家族、求人情報などをまとめました。

松成英一朗は颯運送役員「代表取締役は弟か」

松成英一郎が役員を勤めていた運送会社について、ニュース記事には会社名は書かれていません。しかし、報道に使われた画像がこちらです。これらの画像から「颯運送(株)」→ハヤテウンソウ カブシキガイシャ
と判明しました。

〒877-0066 大分県日田市川下723−7 
Googleマップが更新されていないのですが、同じ場所がこちらです。


事件現場からわずか800m。位置関係など詳しくは次のリンク先ページにまとめています。
松成英一郎は松成総合保険代表「わかりやすい悪人顔」事故偽装叔父保険金殺人事件
次に、颯運送の事業ついて深堀していきます。


ハローワークの求人情報は期限切れで閲覧不可だったため、トラックドライバー求人情報サイトを参照しました。事業内容が分かる記載がこちらです。

事業内容:一般貨物自動車運送事業及び貨物軽自動車運送事業

運送範囲は近隣市町村、九州管内
トラックで、日用品・飲食水・雑貨類を指定の場所まで運送

事件発覚まえから、Googleマップに評価が低い口コミが書かれています。

停め方どーなってんの?アチコチ貨物枠空いてんのに「バス専用」に平気な顔して停めてるよ!専用と優先は違うよって教えてあげてくださいね。

パーキングでの停め方が悪くて、車が出られない。

この口コミって、よっぽど不快でなければ書かないですからね。よほど運転マナーというか、駐車マナーが悪いようです。松成英一郎は社員教育もろくにしていないのではないでしょう。さて、気になる給与や福利厚生を参照してみます。勤務時間は変形労働時間制で、正社員は各種保険にも入れるようですね。別の求人サイトでは、定年60歳で加入年齢制を59歳としていました。そして、なかなか見つからなかった代表取締役の名前も確認できました。代表取締役は松成英一郎ではなく「松成」という氏の別人男性でした。


息子か弟の可能性がありますが、恐らく松成英一郎の弟と思われます。その理由は、次
の記事に「会社役員の弟」と書かれているためです。体発見した通行人が、119番のためにその場を離れて戻って来た際、松成英一郎は弟と共に現場に現れました。そして、西村さんの車を遺体の上から動かしたといいます。また、別記事では「(西村さんを)弟と捜した」と書かれています。大分県警は、事件と弟は無関係とみており、当サイトとしても代表取締役の名前は伏せさせていただきます。ご理解くださいますようお願い申し上げます。
松成英一郎は松成総合保険代表「わかりやすい悪人顔」事故偽装叔父保険金殺人事件

松成英一郎の不審な行動「従業員語る」

叔父の西村一敏さんは松成英一郎が実質的に経営する颯運送に勤務していました。西村一敏さんはすでに年齢64歳、年金だけでは生活費が足りず働きに出たと言います。体力の衰えなどを理由にドライバー業は退き、内勤で電話番をしていたとのこと。先程の求人情報から、颯運送の定年は60歳。西村一敏さんは、定年を越えて雇ってもらったという恩義を感じていたはずです。信用していた甥にこんな仕打ちを受けて西村一敏さんも無念でしょう。


松成英一郎は、珍しく早朝に出社し、颯運送役員の弟に「西村さんがいない」と連絡。弟と一緒に西村さんを捜す素振りをしていました。事件現場と颯運送までは車で1分の近距離で、福岡県と大分県をまたぐことになります。

颯運送の従業員男性が、松成英一郎の不審な行動について話しています。

普段はめったに会社に来ない松成英一郎さんが、早朝に来ていた。

また、現場にいた70代の女性も松成英一郎の不審な行動を指摘しています。

松成英一郎容疑者は、すぐに警察に通報していなかった。




  • 松成英一郎には借金がありました。独身の西村一敏さんなら、生命保険の受取人になっても怪しまれる可能性が低いと考えたのでしょう。西村一敏さんの死後、松成英一郎が受け取った保険金は約1500万円で、その他1000万円以上の自動車保険の支払いを申請しているといいます。自動車保険の受取人は別の親族だそうですが、今のところ受け取っていないとか。これは推測になりますが、受取人を自分に変更している可能性もあるのはないでしょうか…。【追記】当サイトの推測のとおり、成松英一郎容疑者が受取人を自身に変更していたことが判明しました。2017年、西村一敏さんは松成総合保険を通じて自動車保険に加入した。
  • 暫くして自動車保険の増額手続きを行い、保険金が数千万円になるよう変更。
  • 西村一敏さん死亡後、松成英一郎は当初受取人になっていた親族から委任状を取り、受取人を自分に変更。
  • 自動車保険は請求したが、支払われていない。←審査降りずか?

日暮明顔写真「身長166cmを活かした学生役」大河ドラマ俳優売春児童ポルノ逮捕

レーザーポインター照射トラック会社「クレベ運送の噂を検証」東名高速対向車妨害

松成英一郎は松成総合保険代表「わかりやすい悪人顔」事故偽装叔父保険金殺人事件

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!