殺人・通り魔

対馬悠介の生い立ち「テニサーで見下されてMARCH中退」小田急線無差別殺傷事件

対馬悠介 生い立ち

東京都世田谷区の小田急線上り快速急行電車内で、乗客の男女9人に刺されたり転倒したりするなどしてケガを負わせた事件の犯人、對馬悠介(つしまゆうすけ)容疑者。素直に殺意を認めて供述に応じるため新情報の報道が早い傾向にありますね。對馬悠介(つしまゆうすけ)容疑者の家族、母親と弟の名前、高校・大学・ナンパ師・生活保護の現在までの生い立ちをまとめました。

對馬悠介(つしまゆうすけ)の生い立ち「青森県から世田谷へ」

對馬悠介(つしまゆうすけ)容疑者は青森県森県五所川原市出身、幼少期に東京都世田谷区に転居しています。世田谷区に母方の実家があったといいます。対馬悠介 経歴母の実家に戻った…と聞くと、両親が離婚した可能性なども推測できますが、一概には言えませんね。父親について、一切触れられていない様子からは離婚した可能性が強まり、そうなると、母子家庭で育ったことになります。ですが、単純に父親の転勤に合わせての転居だったかもしれませんし、母親が実家を継ぐことになったのかもしれません。色々な可能性が考えられます。


世田谷区は、東京23区内でもかなり広い区です。地域によって全く雰囲気は違い、住宅地ばかりかと思えば畑もある。繁華街もあるし、色々な顔がある区だと思います。都下並に安い地域もあれば、べらぼうに高い地域もありますね。どこに住んでいたかにもよりますが、都会に戻れる家があるという状況から、お家柄も良さそうに感じます。対馬悠介 経歴母方の実家があった世田谷区に移った對馬悠介(つしまゆうすけ)少年は、世田谷区内の小学校、中学校へ通いました。転園または転校にあたってのトラブルなどはなく過ごしていたようで、小学校ではサッカー部に所属し、すでにてムードメーカーの人気者だったと同級生が語っています。中学生時代の同級生(女性)の証言によると、対馬悠介容疑者は女子から人気があったと語られていました。別の女性は「好きだった子も多かった」とも。


對馬悠介(つしまゆうすけ)容疑者の年齢は36歳と公表されています。生年月日は不明なため、1985年生まれとして学歴年表を起こしました。

公立中学 都立大付属高校(公立) 中央大学地工学部(私立)
卒業 入学 卒業 4大入学 4大卒(仮)
2001(平成 13)年
3月
2001(平成 13)年
4月
2004(平成 16)年
3月
2004(平成 16)年
4月
2008(平成 20)年
3月

世田谷区内の中学校を卒業後は「東京都立大学附属高等学校」へ進学しています。都立大付属高校の全盛期には、進学校で有名でした。現在の「東京都立大学附属高等学校」について調査を進めようとしたところ「東京都立大学附属高等学校」は2006年度に東京都立桜修館中等教育学校へ吸収されており、2010年度を最後に閉校になっていました


こちらが対馬悠介(つしまゆうすけ)容疑者の高校の卒業アルバムの写真です。校高校時代、対馬悠介(つしまゆうすけ)容疑者は「つっしー」と慕われていて、クラスの中心にいるような人物でした。そういえば、対馬悠介(つしまゆうすけ)容疑者のInstagramアカウントは「@tsushy」でしたね。対馬悠介 インスタ「東京都立大学附属高等学校」は制服がない私服校で、対馬悠介(つしまゆうすけ)容疑者は服装もおしゃれ、茶髪で長髪、人笑わせるキャラだったそうです。高校時代から、街の女の子に声をかける女好きだったようですが、一人の女性に入れ込むようなことはなく、高校3年間に交際していた女性はいなかったとか。学業にも気を抜かず、成績は常に上位をキープ。学校の成績もよく、イケメンであれば同級生にも一目置かれる存在だったことは言うまでもないでしょう。人気難関大学「MARCH」を受験し「中央大学理工学部」へ入学を果たしました。

「MARCH」とは俗称で「明治、青山学院、立教、中央、法政大学」の頭文字を取った大学群です。偏差値的にみると、MARCHは早慶上智の次に位置する大学群です。

対馬悠介容疑者が入学した当時の都立大付属高校の偏差値65以上ないと受験すら無理なレベル。あの辺りでは都立青山高の次くらいの名門でした。大抵はMARCHより上の難関大学に進学する傾向にあったそうです。

対馬悠介大学デビューで失恋「初恋は一生を左右した」小田急線無差別殺傷事件


対馬悠介(對馬ゆうすけ)の母親・弟の名前を調査

兄弟につていは、3歳下の弟がいることが文春オンラインの記事に書かれていました。3歳年下の弟がいるとは書かれていますが、「弟が1人」とは書かれていませんので2人兄弟かどうかは断定できません。小学校時代は兄弟で一緒に下校していたという微笑ましい姿を同級生もみていたんですね。普段から連絡を取り合うような仲の良い家族であれば、家族同士SNSで繋がっている可能性も考えられますね。1つの可能性としで、對馬悠介のFacebookのお友達217人の中に「對馬(対馬)の姓」を名乗る人物がいないかどうか確認してみます。念の為ローマ字「Tsushima」表記もチェックしてみましたが、合致する人物は確認できませんでした。また、対馬のインスタから、フォローしている人物5人をチェックしました。こちらにも「對馬(対馬)の姓」を名乗る人物は存在していません。恐らく、対馬悠介容疑者は上で家族とSNSでは繋がっていなかったと思われます。調査の結果、対馬祐介の母親と弟の名前や顔写真は特定できませんでした。情報が入り次第追記していきます。

對馬悠介容疑者のFacebook顔画像「電車は大量に殺せるから」小田急線車殺傷事件


対馬祐介(つしまゆうすけ)は中央大学理工学部中退

「中央大学理工学部」へ入学した対馬悠介(つしまゆうすけ)青年は、テニスサークルに所属していました。同じテニスサークルに所属していたという男性は、その頃の対馬悠介(つしまゆうすけ)青年について「積極的に声をかける優しい人」と答えています。かつては「テニスサークルに入った者は大学生活を制する」と言う人がいるほど、テニサーにステータスを感じる人もいるんですよね。


そんなテニサーに入り、積極的に声をかけるタイプだった陽キャな対馬悠介(つしまゆうすけ)青年。何もかも順調そうに見えますが、中央大学は卒業には至らずに中退をしています。

大学中退したところで時が止まっているんだろう
編入でもして卒業すれば得体の知れない呪縛から逃れられそうですが…

對馬悠介の国籍調査「出身を疑われる理由は2つあった」小田急線乗客10人殺傷事件


対馬悠介容疑者は大学時代から女性に憎悪

対馬悠介(つしまゆうすけ)容疑者は、逮捕直後から女性を敵視する発言をしてきていましたが、8月7日にはより具体的なエピソードが報道されていました。

  • 大学時代、サークル活動で知り合った女性に見下された
  • 出会い系サイトで出会った女性とデートしても途中で断られた

俺はくそみたいな人生を送っているのに…

15年以上も前の大学生時代の出来事をここまで憎らしく語っているのですから、中央大学中退に至ったのも“女性に見下されたと感じた経験”がはじまりだったのかもしれません。しかし、当時付き合っていた人も居たり、20代後半にもFacebookでリア充感満載な写真を投稿しているのです。対馬悠介 生い立ちこの投稿は20代後半と思われる時の写真です。このことを含めて考えると「大学時代、サークル活動で知り合った女性に見下された」という供述がしっくりきませんね。大学時代の対馬悠介(つしまゆうすけ)青年の評判は「馴染めないひとに積極的に声をかけていく優しい人」でした。「つっしー」と慕われ、クラスの中心にいるような人物が、自分のことを卑下するようになってしまった理由は何だったのでしょうか。あくまでも推測ですが…「女性に見下された」と性別を限定していることから、恋愛対象として見ていた女性との出来事であったように感じます。友人関係で「見下された」と感じたら「馴染めなかった」とか「いじめられた」という表現になるハズです。
対馬悠介大学デビューで失恋「初恋は一生を左右した」小田急線無差別殺傷事件

對馬悠介イケメン説の実態「岡庭由征と同じマスク詐欺」小田急線乗客10人殺傷事件


つしまゆうすけ容疑者は就職氷河期世代

大学を卒業せずに中退した対馬悠介(つしまゆうすけ)青年の学歴は「高卒」です。その後も安定した職に就けずに不安定な生活を強いられていたようですね。教材の運搬やコンビニ店、昨年6月頃には派遣会社に登録し、パン工場などで働いていてきといいます。対馬悠介(つしまゆうすけ)容疑者は、就職難を経験した「就職氷河期世代」に当てはまります。

氷河期世代とは、大学や高校卒業後の就職活動において、バブル崩壊の影響を大きく受けた1993年~2005年頃卒業の世代のことです。有効求人倍率が1.0%未満となる年もあり、厳しい状況が続いていました。

大卒でも就職できなかったことや、新卒以外の就職が厳しいという日本特有の事情によって、現在でも就業経験がない人や非正規雇用で働く人は多いです。働き盛りにも関わらず非正規雇用者が多いことから結婚や出産を諦めた人もおり、出生率低下の一因とも言われます。
引用元:マイナビニュース

こういうふうに瀬戸際で踏みとどまっている人、世の中に沢山居るんじゃないかな。どうしたら良かったんだろう…

自分も氷河期世代です。専門卒で10年以上フリーターで、30歳を越えてもフリーターだった。あの頃はたしかに社会を恨んでいたな。幸せそうな人を見るといたたまれない気持ちになっていた。フリーターであるという事実が30歳を越えて一層、劣等感として苦しめるんだよな。




氷河期世代の人間は、有名大卒にも関わらず派遣やバイト暮らしで工場や建築現場、運送屋で勤務なんてザラにいますよ。年下の高卒に偉そうにこき使われたりもするし、出稼ぎ外国人らとひとまとめで扱われたりもするから、プライドも引き裂かれるし、精神的にも追い詰めれでヤケになる奴も出てくるだろうな。

私も彼より少し年上で、ほぼ同世代のMARCH卒です。丁度、氷河期時代でした。
すんなりとは就職できず遠回りばかり、生きずらいと思うことが度々ありましたが、自分で選択して納得して歩んだ結果だと思っています。

個を生きる欧米社会とは違って、日本人にとっては、人間関係がモチベーションの重要な要因となるでしょう。「理解してくれている」「気にかけてくれている」と思うだけで、不満は和らぎ、気持ちはぐんぐん前向きになるものです。


対馬悠介(つしまゆうすけ)容疑者は、他者から気遣う声をかけてもらうこともなく「誰かが気にかけてくれている」と感じることができなかった。それが「正当に評価されていない」といった思いを募らせました。人がどれだけ我慢をしているかなんて、周りからは見えないし、伝わらない。怒りや不満を我慢した努力は、他者からは評価してもらえないのですから。
小田急線・成城学園前~祖師ヶ谷大蔵駅で殺傷事件!動画・画像「ファミマ高井戸西一丁目店で確保」

つしまゆうすけの職業「ナンパ師」

事件発生から2日後、對馬悠介容疑者が「ナンパ師だった」という報道が出回っています。そもそも、女性を恨み、こんな事件を起こすような奴ではなかったとの意味で同級生は取材に答えていたようですが「ナンパ師だった過去」ばかりが独り歩きしつつありました。供述で、女性に対する強い恨みばかり語る対馬容疑者ですが、過去のFacebookには友人に囲まれて笑顔で映る写真が存在しています。写真は2013年8月(8年前)で「3年前」というコメントを書き込んでいるもの。遡ると11年前の25歳と思われます。


高校の同級生による証言「ナンパ師」時代はもう少し前のことで、今から約15前の21歳あたりの話でした。アルバイト生活で職業「ナンパ師」と豪語してたそうですから、相当ナンパを楽しんでいたんでしょう。ただ、女子高生や女子中学生という若い子ばかりを狙ってホテルへ誘うという内容は、淫行条例違反に該当し逮捕案件であった話です。高校時代は年下好きでは無かったとうことなので、なんだか引っかかる部分ですね。
対馬悠介自宅アパート特定「家賃2万5千円の派遣生活」小田急線無差別殺傷事件

対馬悠介容疑者・最後は生活保護頼り

對馬容疑者は、中央大学を中退後はコンビニエンスストアやカラオケ店などでアルバイトをするなど、職を転々としています。職といっても非正規雇用ばかり。就職氷河期時代であったことは上項でも解説していますが、そうは言っても長続きさえしていなかった様子を見ると、本気で就職したい気持ちがあったのかどうか疑わしいものです。早々に諦めてしまっていた。もしくは“まだまだ大丈夫だろう”“俺が本気を出せばいつだって…”と甘く考え、気付いたときには遅かったというパターンでしょうか。


2020年6月からは派遣会社に登録して勤務していたようですが、人間関係が苦で派遣先との契約「打ち切り」または「更新せず」でした。対馬祐介容疑者は、当初、自称「派遣社員」と言っていました。ずいぶん前に派遣先との契約は打ち切りにしていたようですが、派遣会社への登録はしたままだったからなのかもしれません。実働していないなら「無職」ですし、「生活保護」を受けていたなら尚更、「無職」をアピールするべきだと思いますが…どうして派遣社員と言ったのでしょうか。対馬悠介容疑者の家賃25,000円アパートで派遣生活について、生活費について深堀した内容を次のリンク先ページにまとめています。
対馬悠介自宅アパート特定「家賃2万5千円の派遣生活」小田急線無差別殺傷事件

対馬悠介(つしまゆうすけ)容疑者を知る人の声

報道では、対馬悠介(つしまゆうすけ)容疑者を知る近所の人や、大学時代の知人などへの取材内容も盛り込まれています。確認できたものから追記していきます。 

「(高校時代)身なりに気をつかっていたし、服装も髪型もおしゃれで、容姿端麗なイケメンでした。冗談をいって人を笑わせるような明るい性格で、クラスの中心人物です。今回のような事件を起こすような人物ではなかったので、事件のことを聞いた時はただただ驚きました」

「小学校の同級生が言うには…10年以上前に地元界隈の友達が對馬悠介くんと急に連絡がとれなくなったようなんです。他の同級生は『対馬が暗くなった』とも話していました。みんな大学を卒業して就職し、社会人として働いていた頃になります。その辺りから音沙汰がなくなったと思いますし、対馬の人生が暗転した時期とかぶるのかな」

對馬悠介くんは高校時代、囲碁将棋クラブに在籍していました。囲碁将棋クラブに在籍してはいましたが、対馬くんは幽霊部員で、放課後は仲がいい友達数人とつるんでよく遊んでいました。對馬くんは歌が上手いんです。カラオケとかボーリングとか、ビリヤードが好きで、男同士みんなでワイワイ騒ぐのが好きでしたね。

「中学時代は女の子から人気があったと思います。暗いわけでもなくニコニコと穏やかで誰にでも優しい男の子でした」

「対馬悠介くんは中退後、人柄が変わったようだと人づてに聞いてはいましたが、まさかこんな事件で逮捕されてしまうとは驚きです」

民生委員「対馬悠介さんは普通の若者に見えましたね。良い印象も、かといって悪い印象もないです。問題を起こすような素振りも感じませんでした。あいさつを返すことはなかったんですが…ごみ出しのルールなどは守り、もめ事を起こすこともなかったので、凶悪な事件と全く結びつかないですね。事件の犯人だと聞いてびっくりしました」

對馬悠介イケメン説の実態「岡庭由征と同じマスク詐欺」小田急線乗客10人殺傷事件

對馬悠介の国籍調査「出身を疑われる理由は2つあった」小田急線乗客10人殺傷事件

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!