殺人・通り魔

宮本浩志の会社は住友電工子会社「真面目で多趣味な秀才にピリオド」大阪天満殺人事件

宮本浩志 会社 住友

大阪天満「カラオケパブごまちゃん」のオーナー・稲田真優子さんを殺害したとして逮捕された宮本浩志(みやもとひろし)容疑者の会社がようやく判明。勤務先は一流企業「住友電工」で現在は子会社に在籍しているようです。
宮本浩志(みやもとひろし)容疑者の会社での評判や、同僚の声、出向中の子会社についてまとめました。

宮本浩志の会社は住友電工「一部上場企業のエリート」

引用元:yahoo!ニュース

これまで、宮本浩志(みやもとひろし)容疑者の勤務先や会社名は「大阪府内の機器メンテナンス会社」「エンジニア」と報道されていました。なかなか、会社名の公表がなされない中、ようやく文春によって特定されたのが大阪市に本社がある「住友電気工業」、通称“住友電工”です。

宮本浩志 住友電工 ごまちゃん住友電気工業株式会社・大阪本社(住友ビル本館)

宮本浩志(みやもとひろし)容疑者は、高校卒業後に徳島大学の工学部に進学。そこで、電気工学を学び、大阪府大阪市に本社を置く「住友電工」に就職しました。
住友電気工業株式会社(すみともでんきこうぎょう)といえば、日本最大手の非鉄金属メーカーですね。世製造業として海外展開の最も進んだ企業の一つです。


住友グループ住友新御三家「住友商事、日本電気、住友電工」の一角であり、住友グループの中核企業の一つである住友電気工業。住友電気工業の平均年収は「808万円」というデータからも、製造業においは、抜群に高い年収レベルであることが分かります。

引用元:https://corp-research.jp/

 同僚が宮本浩志(みやもとひろし)容疑者の印象を語っている内容からは攻撃的な部分は垣間見れず、稲田真由子(いなだまゆ))さんを殺害した犯人と同一人物とは思えないものばかりでした。

今は子会社に出向して、コンピュータのソフトウェア作りにエンジニアとして携わっていました。もう管理職になっていたはず。勤務態度は真面目で、朝は一番早く、7時くらいには出社していましたね。仕事の愚痴も言わず、足を怪我してギプスをしていた時も周囲に何も言わなかった」
引用元:文春オンライン

引用元:テクノアソシエ

現在は、住友電工の子会社に出向していたという宮本浩志(みやもとひろし)容疑者。住友電工が最も直近で連結子会社化をしたのが、株式会社テクノアソシエ(2019年9月)でした。しかし、住所が新大阪ではないので、テクノアソシエではなさそうです。

  • 株式会社テクノアソシエ
  • 鋲螺類、加工品、金属素材、電材品、化成品、産業機器、その他販売及び、これに付帯または関連する事業
  • 〒550-0001  大阪市西区土佐堀3丁目3番17号
引用元:住友電工情報システム

もう1社気になったのが、新大阪にある住友電工情報システム。

  • 住友電工情報システム
  • システムの開発・維持・運用、情報機器・パッケージソフトの販売等
  • 〒532-0003 大阪市淀川区宮原3-4-30




住友電工情報システムはニッセイ新大阪ビル5階に入っており、「新大阪駅」東改札口から徒歩10分という利便性に富んだ立地。新大阪駅~天満駅までは、13~24分ほどで電車が運航しています。宮本浩志(みやもとひろし)容疑者の出向先として、可能性があると判断しました。宮本浩志 住友電工

 一流企業のサラリーマンとして働く一方、趣味も複数あったようで、「サッカーが好きで、入社後もプレーしていました。酒は強く、日本酒をよく飲んでいて、醸造方法とかまで詳しかったです」(同前)
引用元:文春オンライン

信じたくなかったのですが、顔写真を見て愕然。 普段、会社では温厚で話しやすい方だったので、やはり「まさか!」って思いが強いです。

逮捕前日まで、仕事のやり取りをしていた宮本さんが「宮本容疑者」になったことは、未だに信じがたいのですが、プライベートの話はあまりしたことがなかったので、こんな一面があったなんて。

  • 真面目
  • 朝は一番早く、7時くらいに出社
  • 愚痴も言わない
  • 温厚で話しやすい

宮本浩志(みやもとひろし)容疑者は会社では普通の56歳だったんだなという印象を受ける。Twitterのタレコミからも、取材からも「仕事ができなかった」とか「ニヤニヤしてた」とか、悪目立ちしている訳でもないのだ。良識のある社会人であった人が、まさか殺人を起こすなんて…と信じられない社員は沢山いるのだろうと思う。

宮本浩志は徳島大学工学部出身「親孝行なサッカー少年」カラオケパブ殺人事件

宮本浩志容疑者の顔画像・家族あり「ご褒美をもらった気分になった」大坂天満殺人事件

夏見翔太容疑者のカラオケ店・顔画像「日常的に女の子を物色してた」袖ケ浦市竹林殺害事件

宮本浩志(みやもとひろし)散財の理由「賞与が凄い」

住友電気工業の高い年収を実現しているのは、賞与水準の高さが凄いところです。2017年~2019年の賞与実績を見てみると…おおよそ5ヶ月分という高水準をキープしていました。

引用元:https://corp-research.jp/


また、住宅支援制度などの福利厚生も充実しており、借上社宅を利用する場合は「家賃・水道光熱費負担がほぼない」そうですし、家賃補助も月3~6万円を上限として半額が補助されています。手厚い福利厚生のおかげで、宮本浩志(みやもとひろし)容疑者、そして家族は、かなり豊かな生活をおくれているはず。


文春によると、
2000年に西宮市内の総戸数1000戸を超えるマンモス団地の新築の集合住宅を約4500万円で購入。登記簿によれば約2400万円のローンを組んでいるそうだ。
宮本浩志(みやもとひろし)容疑者が住むマンモス団地については、Twitterのタレコミから「武庫川団地」ニュース映像から、「武庫川第2三番街団地」まで特定されています。

1日1万円以上遣っていたので月に30万円くらいにはなっていた

宮本浩志(みやもとひろし)容疑者は「カラオケパブごまちゃん」に、ひと月30万円、1年で360万円。追っかけ4年で1,440万円を落としていた計算になりますね。住友電工の50代の平均月収が58.4万円として、30万円引くと28.4万円。さすがに使いすぎですわ…毎月の家計のやりくりは大変でしたね。妻には、これまでの貯金と、ボーナスで帳尻を合わせてもらっていたのでしょう。
住友電工の給与水準は50代の今がピークです。管理職クラスの宮本浩志(みやもとひろし)容疑者は56歳で職を失うことになるでしょう。

宮本浩志は徳島大学工学部出身「親孝行なサッカー少年」カラオケパブ殺人事件

宮本浩志容疑者の顔画像・家族あり「ご褒美をもらった気分になった」大坂天満殺人事件

カラオケパブごまちゃん犯人H「見られているようで布で顔を隠した」大坂天満殺人事件

加藤聖哉・あきる野市の殺人犯が卒アルで顔解禁「LINEで呪いかける学会信者」妄想ユーチューバー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!