殺人・通り魔

稲田真優子さんのインスタ「犯人はキャスト時代からの知り合い」大阪天満殺人事件

稲田真優子 大阪 カラオケパブ

6月14日、大阪天満駅前で起きた殺人事件。遺体で発見されたカラオケパブ「ごまちゃん」のオーナー・稲田真優子(いなだまゆこ)さん。
好立地な物件に、若干25歳という若さでお店を構えた稲田真優子(いなだまゆこ)さん。兵庫県出身で、その名の通り、丁寧で真心のある接客で常連客のハートを掴んでいたようでした。
稲田まゆこさんの人となりや経歴分かるInstagram・Facebook・Twitter・ブログを調査。顔画像や常連客との様子をまとめてお伝えします。
【追記】6月18日、兵庫県西宮市に住む56歳の男が犯行に関わった疑いが強まり、警察は事情を聴いています。容疑が固まり次第、逮捕する方針。
【追記】兵庫県西宮市(にしのみやし)に住む会社員の宮本浩志(みやもとひろし)容疑者・56歳が逮捕されました。
宮本浩志容疑者の顔画像・家族あり「ご褒美をもらった気分になった」大坂天満殺人事件

稲田真優子(いなだまゆこ)のInstagram・フェイスブック「内山理名っぽ笑顔が可愛い」

ごまちゃん まゆたろう 真優子カラオケパブごまちゃんオーナーまゆのインスタ特定「ボブがかわいいい愛され店主」天満駅前殺人事件
▲一つ前の記事ですでに特定していた「カラオケパブごまちゃん」オーナー個人のInstagramアカウントです。インスタでは通称「まゆ太郎」として愛されており、プライベートでは「まゆ」と呼ばれていました。まゆ太郎 ごまちゃん

顔写真は投稿していても判別しにくい角度であったり、仮装していたり、スタンプ加工をしていたのですが、6月14日18時以降の報道では実名・顔写真が大々的に放送されていましたよね。関係者や同級生からの情報提供があったと思われます。稲田まゆこ稲田真由子インスタにはお店に友人が遊びに来てくれたような投稿もあります。そして、キャラクターのような可愛い笑顔の稲田真優子(いなだまゆこ)さん。

「ゴマちゃんという店名は、癒し系の稲田さんの顔がゴマアザラシのかわいい表情と似ているからつけた。彼女は気に入っていました」

もともとの明るいキャラクターに加えて、「まゆ太郎」という幅広い世代に親しみやすいニックネーム。記憶に残りやすやく、リピーターやご指名もあったのではないでしょうか。
実際、稲田真優子(いなだまゆこ)ファンがいたようで、インタビューも報道されています。

利用客:「たまに毒舌が出たりする。天然で店のお客さんからも愛されてたんちゃうかなと。店をやり始めたから頑張らなあかんなと話をしていた」

<知人の男性“恨まれるようなことはない”>。
稲田さんと5年前から交友があるという25歳の男性は、「同い年だったので、稲田さんの店にはよく通っていた。しっかりしていて礼儀正しく、愛想がよくて、アイドルのようだった。恨まれるようなことはないと思う。トラブルも聞いたことがない」

知人女性: 「明るくてみんなから人気者で、AKBとかそういう感じで推しのお客さんがいっぱいいる感じ。びっくりやし、まさかって感じ」

ごまちゃん ポケパラ「カラオケパブごまちゃん」店舗ブログはすぐに一部閲覧制限がかかりました。その理由は、他のスタッフ含めて複数で管理していたためでしょう。

インスタやFacebook、Twitterは、本人しかパスワードを知らない場合が多いため、どうしても残りやすい個人情報になりますね。しかし、その分、犯人特定には重要な捜査情報になるのではないかと思われます。
稲田真優子 フェイスブックまた、事業主や経営者はFacebookで繋がりを持つことが多いため「稲田真優子」「inadda mayuko」でFacebookからも手掛かりを探しました。「まゆ」部分の漢字が違ったり、文字列の類似アカウントが抽出されたばかりで、同一人物は特定できませんでした。
カラオケパブごまちゃんオーナーまゆのインスタ特定「ボブがかわいいい愛され店主」天満駅前殺人事件
カラオケパブごまちゃん犯人H「見られているようで布で顔を隠した」大坂天満殺人事件


稲田まゆこ・Twitterアカウント「バーのキャスト歴あり」

▼こちらが、稲田真優子(いなだまゆこ)さんが直近で動かしていたTwitterアカウントです。2020年6月~で比較的新しいです。遡って見てみると…「カラオケパブごまちゃん」をオープンする前に、ある店舗で働いていたようでした。25歳という若さで独立したのは、前店舗での経験があったからだったんですね。

  • 「カラオケパブごまちゃん」プレオープン:2020年12月26日
  • 開業届提出:2021年1月8日
    ※開業日は同一日とは限らないため不明
  • 「カラオケパブごまちゃん」グランドオープン:2021年1月18日

カラオケパブごまちゃんオーナーまゆのインスタ特定「ボブがかわいいい愛され店主」天満駅前殺人事件
カラオケパブごまちゃん犯人H「見られているようで布で顔を隠した」大坂天満殺人事件


まゆ「ラブリッシュ時代」犯人はすでに潜んでいた

カラオケバー ラブリッシュTwitterなどの情報をまとめると、稲田まゆこさんは天満にあるバーでキャストとして約4年間勤務していました。お店のHPにスタッフページにはもちろん居ませんが、タグが残っていました。また、在籍時はこまめにアメブロも発信していたようです。Twitterにブログにとてもマメな性格なのがわかりますね。職業「大学生」ということは、大学時代のアルバイトという位置づけでスタートされたのでしょう。


お客様のプライバシー保護もあり、写真にはモザイクはかかっていますが、とても賑やかな様子が伝わってくるお写真ばかりでした。
カラオケバーラブリッシュでの経験を活かして、大学卒業後の進路は「独立」の道を選んだ稲田真優子(いなだまゆこ)さん。
ノリも良くってお客様の心を掴んでいる様子…わかるわかる。

まゆ太郎さんは、人を惹き付けるね~
やっぱりすごいや

こんな風に褒められるってよっぽどの天職だったのではなかろうか。素敵なお人柄が伺えました。

  • 店舗:カラオケバー「ラブリッシュ」
  • 住所:大阪府大阪市北区錦町3-8 KENTビル3F
  • 稲田真優子さん在籍期間:2016年5月1日~2020年7月26日


稲田真優子(いなだまゆこ)さんは、男性客との「距離感」に悩んでいたようでした。

<客の男性“接客で悩んでいることも”>。
複数回、店を訪れたことがあるという27歳の男性は、「オーナーの女性の人柄にひかれて、店には若い人から中年の方まで常連客がいました。女性は男性客との距離感など接客で悩んでいることもありました」と話していました。




「距離感」は難しいですよね。相手の恋愛経験が少なければ簡単に惚れてしまうかも…水商売にはつきものでしょうが、嫉妬深いお客を勘違いさせてしまったら大変です。

<客の男性“トラブルなどは聞いたことはない”>。
客として店を訪れたことがある近くの飲食店の店長は、「互いの店を行き来していて、自分は5回ほど行ったことがあります。彼女は来店のお礼を言ったり、メッセージを送ったりと律儀な印象がありました。店は30代から40代の男性を中心に流行っている印象でした」と話していました。

カラオケパブごまちゃんオーナーまゆのインスタ特定「ボブがかわいいい愛され店主」天満駅前殺人事件
カラオケパブごまちゃん犯人H「見られているようで布で顔を隠した」大坂天満殺人事件


危険・犯人は妄想性ストーカー

6月14日の報道によると…取材により、ある男性客につきまとわれていたことが分かっています。稲田真優子(いなだまゆこ)さんが周囲に漏らしていた内容をまとめます。

  • 「男性客からしつこく電話がかかってきて嫌」
  • 「面倒くさい客だから電話に出ていない」
  • 「客の男性から『好き』と言い寄られ、頻繁に電話がかかってくる」
  • 「暇さえあれば電話攻撃され、ストーカーっぽい」

これらは事件の3カ月前に常連客に相談した内容だそう。2021年1月にオープンして間もなくのことですね。

お客さんでしつこく電話がきて嫌だ

「客の男性から「好き」と言い寄られ、頻繁に電話がかかってくる」と相談を受けた

こういった相談を恋愛や商売のテクニックとして使う方もいそう…。他にはなかなか言えない話をされると、お客は自分が特別な存在であると感じ相手を応援したり、守りたいと思います。常連客としてキープするためのテクニックですね。謙虚で丁寧な稲田真優子(いなだまゆこ)さんが小悪魔的に使っていたテクニックとは思えませんが、天然キャラということなので、無意識にやっていたのかも。


笑顔でうんうん。と話を聞いてくれ、お酒を入れてくれる稲田真優子さん。犯人の中では交際しているものと勘違いしていく。稲田真優子さんからは男女としての「好き」とは絶対に言っていないはず。

疑似恋愛と本当の恋の区別がつかず、「運命の人」という一方的な確信が行動を加速させていった。「運命の人ならうまくいかないはずがない」と犯人は諦めることをしない。


稲田真優子さんからしたら、相手がストーカーとしか見えなくなっていた。何をいっても取り合ってもらえないため、ついに「いい加減にしてください!」と口調を強めた。すると、「裏切られた」という恨みの感情をもった相手は復習に燃えていったのだ。
カラオケパブごまちゃんオーナーまゆのインスタ特定「ボブがかわいいい愛され店主」天満駅前殺人事件
カラオケパブごまちゃん犯人H「見られているようで布で顔を隠した」大坂天満殺人事件
宮本浩志容疑者の顔画像・家族あり「ご褒美をもらった気分になった」大坂天満殺人事件

通りすがりのもの へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!