YouTuber・アイドル

小鳥遊まゆうの死因は自殺が濃厚「暗闇に堕ちていく感覚記す」元8FLAGグラドル死去

小鳥遊まゆう 死去

2021年7月5日、グラビアアイドルの小鳥遊(たかなし)まゆうが死去したという訃報が届きました。小鳥遊(たかなし)まゆうの母親と名乗る人物がTwitter上で報告。24歳という若さで亡くなった小鳥遊(たかなし)まゆうさんの死因は、自殺ではないかと推測されています。小鳥遊(たかなし)まゆうさんの抱えていた病気や死因について、ネットの情報をまとめました。

小鳥遊(たかなし)まゆうの死因は自殺が濃厚「8FRAG時代の闇」

グラビアアイドルの小鳥遊(たかなし)まゆうさんが逝去されていたことが母親と思しき人物により報告された7月5日。小鳥遊(たかなし)まゆうさんは7月3日の深夜から7月4日に死去されたと伝えられました。小鳥遊(たかなし)まゆう

気がかりなのが、小鳥遊(たかなし)まゆうさんの死因ですね。小鳥遊(たかなし)まゆうさんの死因が自殺が濃厚ではと感じる理由を深堀していきます。


まずは小鳥遊(たかなし)まゆうさんの母親のツイートの内容から。

7月3日の深夜から7月4日の間に娘は逝去致しました。

患っていた内科的な疾患があり、病院に搬送されていたような場合は、家族にも連絡がいくでしょう。コロナ渦で看取ることができなかったとしても、死亡した時間ももっと断定的に伝えられるはずです。

私たち家族も幼少期元気だった真優が脆く(もろく)なっていくのを見るのが苦しかったです

まず、内科的な病気に関する記述は一切ありません。闘病で体力が奪われていく姿を現すならば「弱っていく、衰弱していく」という表現が適切でしょう。「脆く(もろく)なる」という表現は、精神的にこわれやすい状態や、持ちこたえる力が弱い状態を指していたと考えられます。よって、自殺である可能性が濃厚でしょう。


世間の一部には、自殺者を弱い人、敗北者とみなす考え方をする人もいるのです。たとえ、周囲がそうは思わなくても、故人の死因が自殺であった場合、遺族が隠したがる場合もあります。また、故人の尊厳を守るために公開しない選択もあり得ます。故人が若者であることは珍しくありませんが、若者であるが故に、本来の死因とは関係なく様々な臆測を呼んでしまいやすくもありますね。
たかなしまゆう小鳥遊(たかなし)まゆうさんの所属事務所は「スカイズプロモーション」です。当初は年「スカイズプロモーション」所属のアイドルグループ「8FLAG(エイトフラッグ)」に所属していましたが、2021年4月14日のワンマンライブ&4月18日のチケットオフ会をもってグループを卒業していました。たかなしまゆう

ここに書かれているように、卒業の理由は「体調面を考えての決断」とされていますね。卒業ライブを終えて10日ほど経ったツイートに貼り付けられていた手書きのコメントが気になりました。たかなしまゆう

私は8FLAGで生きてきた中で一番の光り輝きを体感し、逆に闇もとにかく暗闇に堕ちていくことも経験しました。

心と身体がついていかなくて、ごめんなさい。

死亡したと言われている当日もTwitterを更新していた小鳥遊(たかなし)まゆうさん。それだけに突然の死が受け入れがたいのです。たかなしまゆう日々明るいツイートをしていた小鳥遊(たかなし)まゆうさんですが、ずっと感じていた「暗闇に堕ちていく」状態があったのです。


小鳥遊(たかなし)まゆうさんの過去のTwitterを遡ると、当時の所属事務所から【警告】として暴言や強要等の発言への注意喚起がなされていました。小鳥遊まゆうこのとおり、小鳥遊(たかなし)まゆうさんは誹謗中傷を受けていた事実があり、心を痛めていたことが推測できます。暗闇とは…まったく光がなく、見通しがたたず、将来に希望の持てないこと。たかなしまゆう小鳥遊(たかなし)まゆうさんは「必ずもう一度ステージに立つので待っていて下さい。」という想いを見失うほど、追い込まれ夜を越えられなかったのかもしれません。

望月めるの死因を調査「炎上クイーンが誹謗中傷による自殺か」返金されず永眠

えびすじゃっぷ炎上からの謝罪「結局言い訳で着地失敗」ユーチューバー誕生日パーティ


小鳥遊(たかなし)まゆう「うつ病と」

小鳥遊(たかなし)まゆうさんは、整形アイドルとしても有名で、TV出演もされていました。画像は、アイドルグループ「8FLAG」メンバーで大学3年生の時に出演したamebaTV出演時。小鳥遊(たかなし)まゆうさんは、はじめて高校3年生の時に鼻を整形しています。たかなしまゆう

小鳥遊(たかなし)まゆうさんが美容整形手術を受けたきっかけは、高校時代に「鼻が変」と言われたこと。そこから自分の顔がすごく気になりだし、うつ状態に…陥り引きこもり状態だったそうです。
たかなしまゆう自分では簡単に変えられない、生まれつきもった容姿にまつわることを非難されることは、とても辛いですよね。小鳥遊(たかなし)まゆうさんのように、自分の容姿について絶え間なく考え悩まされ、極端に社会から孤立してしまうひきこもり状態や、うつ状態は「身体醜形障害(しんたいしゅうけいしょうがい)」の典型的な症状に当てはまっています。


実際に美容整形手術をする人も多いですが、思い込みであることが多いため、満足な結果が得られにくいというのも身体醜形障害の抱える問題のようですね。
たかなしまゆう当初は親からも反対されていた整形でしたが「大学受験合格」を条件に親に賭けあい、見事合格を果たすと、一番気になっていた鼻の整形手術を受けました。親としても、整形をして、自信を持って外に出られるようになってくれるのであれば…と応援の気持ちで整形費用を払ってくれたのでしょう。たかなしまゆう美容整形手術によってコンプレックスが解消され、気持ちが前向きな姿勢になり、自己肯定感や人生の満足度までが向上する人がいる一方で、手術を受けた人の中には、時間が経過するにつれてうつ病や不安が悪化するという研究結果も示唆されています。そして、「鼻」の美容整形手術は「身体醜形障害(しんたいしゅうけいしょうがい)」を抱えるひとが特に受けやすい手術であるということにも注目です。たかなしまゆう

身体醜形障害を抱える人が特に受けやすい手術が、鼻を高くしたり鼻の形を変える美容整形である

身体醜形障害(しんたいしゅうけいしょうがい)を抱えるひとは、性格的に劣等感を持ちやすく、自己価値感が特極度に低いとも言われていますね。最近では、身体醜形障害を抱える人の自殺率は整形経験者の45倍と極めて高いとう研究結果もネットで流れて話題になりました。


自殺・自傷行為リスクも高いという身体醜形障害は、元来持つ「完璧主義」がもたらしているとも言われ、先天的あるいは、長年積み重なった性格・気質によるためから難治な病気です。以下は、小鳥遊(たかなし)まゆうさんではありませんが、ネット記事で見つけた「美容整形手術後の誹謗中傷」について書かれた内容です。美容整形後 誹謗中書

「こんな顔なら死ぬわ」「整形してこれなんてやばい」「バケモノ」

最近では、プチ整形の広がりで美容整形を受けることのハードルが下がりましたね。美容整形手術のビフォーアフターをYouTubeで配信するなど、かなりオープンになっていますし、そこには「知りたい」に応える需要があるのです。まだまだ、美容整形をカミングアウトするひとの方が少ない世の中で、美容整形手術を公表することは大きな話題にもなりますが、更なる誹謗中傷を招くこともあると感じます。小鳥遊(たかなし)まゆうさんももしかしたら、整形手術後の誹謗中傷に悩んでいたのかもしれません。ご冥福をお祈り申し上げます。

【小鳥遊まゆう・プロフィール】
小鳥遊まゆう名前:小鳥遊まゆう(たかなしまゆう)

生年月日:1996年8月1日

出身地:東京都

身長:160センチ

血液型:O型

望月めるの死因を調査「炎上クイーンが誹謗中傷による自殺か」返金されず永眠

みきおだ(みっきー)こはくぶちょーと淫行流出「搾りたて児ポ案件」YouTuberネクステ活動休止

POSTED COMMENT

  1. より:

    アイドルや芸能人、華やかな世界にいる人が、精神を病んでるってよくきく。みんな何か抱えていきてるんだよな。まゆうさん安らかにお眠り下さい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!