殺人・通り魔

堤将太・神戸市北区殺人事件犯人の小説全文調査「芸術家気取る泉龍都」神戸高2年殺害事件

堤将太 犯人 インスタ

2010年神戸市北区で高校2年の堤将太さん・当時16歳が刺殺された未解決事件が、2021年8月に犯人逮捕に至りました。殺人容疑で逮捕された男性・28歳が「少年が高校生を殺害する内容の小説」を書いていたことも判明。自叙伝ともいえる小説は一体どの媒体に残していたのでしょうか。犯人のインスタ、Twitter、noteを調査し、タイトルや全文を調査した結果をお伝えします。

堤将太・神戸市北区殺人事件犯人が小説執筆

逮捕された犯人は現在28歳ですが、事件は11年前で当時は17歳でした。そのため、報道では28歳になった今でも顔や名前は公表されていません。そんな中、元少年が事件内容とリンクした内容の小説を過去に公開していたことが判明しました。この小説は、事件後の2017年頃に電子書籍として存在していたものだといいます。

  • 東北地方の高校をトラブルが原因で退学していること
  • 見ず知らずの高校生をナイフで襲ったこと
  • 少女1人が生き延びたこと

報道された僅かな内容だけでも、情報が一致しています。小説の全文やタイトルについて、犯人のSNSから捜していきます。


8月6日
「AREA.dot」が元少年の現在の詳細について報じたことから、「AREA.dot」の情報をもとにネットの特定班が動き、SNSの特定に至っています。「AREA.dot」では犯人をA容疑者として呼んでいるものの、A容疑者の各種SNSについてモザイク処理のうえ掲載。まずは顔写真から。

きれいに整えられた短髪でレザー風のジャケットを着用。兵庫県警が事件後に公開した似顔絵とは別人な雰囲気でしたね。A容疑者はデジタル加工やデザインなどを得意としていて、SNSにでは加工技術ついて詳しく発信し「腕前」を披露しています。 中にはグロテスクなものも存在しているのですが、ここまで独特な内容であれば特定されやすいでしょう。これまでに犯人の元少年について分かっている情報をまとめます。
名前:未成年のため非公表

年齢:28歳

住所:愛知県西春日井市郡豊山町

職業:パート従業員

学歴:青森県内の県立高校中退各種SNSの特定情報は次項以降にまとめています。


さて、殺人容疑で逮捕された元少年が書き綴っていた「少年が高校生を殺害する内容の小説」がネット上に存在するとしたら、noteでしょう。noteは2014年からサービスを開始しており、文章・写真・イラスト・音楽などの作品を掲載することができます。ブログ以外で長文を残すとしたらnoteが有力だと思われます。AREA.dotでも、SNSで“自身の犯行を示唆するような内容を投稿している”と書かれており…
その文章が存在したのもnoteでした。当該noteがこちらです。憎悪を克服するのではなく”昇華”させた泉龍都の記事はこちらから読めます。https://note.com/ryutoizumi33/n/n596286b8e8b5
長文になりますので、リンク先でお読みいただければと思いますが、文中には気になるワードが多々出てきます。

憎悪の感情、これを話せば人は離れていきます。自分が持つ身がよじれる程の激しい憎悪の感情は、多くの人は経験したことがないためです。経験したことがないということは、つまり想像し難いものであり、恐怖の対象であり、負の感情を抱くものです。

「自分は一体何者なのか」「生きている意味はあるのか」「自分の今までの言動は一体なんだったのか」等々、虚無感、抑鬱感、絶望感に襲われます。

私の場合、とにかく何かしなければと焦燥感を抱いていた時期に出会ったもののひとつが、画像編集ソフトのAdobe Photoshopです。私にとってAdobe Photoshopは頭の中を表現するための最適な手法でした。

おそらく人間が非倫理・非合法な行動をする時とは暇な時であり、合法的な事に没頭する時がないためです。

11年間、捜査の手から逃れてきた元少年。人を殺めた人の脳内を垣間見ることのできるような文章になっているように思えてなりません。


改めて元少年のnoteの全記事を確認し、問題の「少年が高校生を殺害する内容の小説」を確認していきまししたが…残念ながら、発見することができませんでした。となると、インターネット上での公開はすでにされておらず、元少年のパソコン内に存在している可能性が高そうです。続報が入り次第、追記していきます。
SIMBAのwikiまとめ「TikTok匂わせ濃厚接触」ゆきぽよ歌手シンバ熱愛報道


堤将太・神戸市北区殺人事件犯人Instagram特定

神戸市北区殺人事件の犯人・元少年のInstagramアカウントは「@ryutoizumi33」です。神戸市北区殺人事件の犯人・元少年は、インターネットを通じて画像加工やデザインを請け負ったり、技術を指導する仕事も展開していました。インスタやTwitter、ホームページも一貫してデジタル加工についての発信をしています。かなり専門的な知識があるようで、画像加工ソフトの会社が主催する試験の合格通知も掲載されています。この「泉龍都」がデザイナー名なのか本名なのかは特定できていませんが、名前も顔もしっかり出して活動していたことにも驚きましたね。答え合わせとして、AREA.dotに掲載された画像も並べてみました。ビンゴでしたね。古い投稿ほど、鎖で繋がれたり、血が滲んでいたりと不気味なコラージュが多くみられています。


堤将太・神戸市北区殺人事件犯人Twitter特定

神戸市北区殺人事件の犯人・元少年のTwitterは「@ryutoizumi33」です。

背景画像の「leelong」というのが屋号と思われますね。ホームページも「leelong」として作られています。


堤将太・神戸市北区殺人事件犯人ホームページ

神戸市北区殺人事件の犯人・元少年が現在開設しているホームページです。

ここからサービスを購入できるようになっており、レビューも書かれていました。ビジネスとしての活動、集客動線が整っています。これはかなり勉強されてきたのではないでしょうか。


堤将太・神戸市北区殺人事件犯人note特定

神戸市北区殺人事件の犯人・元少年のnoteです。noteも基本的には画像編集についての記載ですが、ただ一つ、2021年7月5日に「憎悪の昇華」をアップしていました。元少年は「人殺しをしたことがある」と打ち明けた相手がおり、そこから逮捕に至っていますね。この「憎悪の昇華」も書かずにはいられなかったのでしょう…
やなぽオリンピック選手偽装疑惑「五輪悪用の実態まとめ」不法侵入するボランティアYouTuber

大津小1女児の母親のSNS公開「色白で小顔可愛い系」ジャングルジム転落死

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!