sanwaconpany

おしゃれな洗面台は造作洗面台だけじゃない!第3の選択肢教えます。

高級ホテルのようなシンプルで生活感のない洗面所って憧れますよね。
毎日使う洗面所だからこそ、こだわりたい場所。

ただね、手洗いだけならいいんですが…
歯磨きしたり、身だしなみを整えたりもする場所だから使用頻度が高い!
どうしたって生活感が出やすい場所なんです。涙

洗面所を新しくする方の中には
『造作洗面台』にするのか『メーカー既製台』を選ぶのか悩まれる方も多いでしょう。

この記事では、オシャレな洗面所は造作洗面台一択!という思考から一転
最終的に辿り着いた洗面台をご紹介します。

造作洗面台とメーカー既製洗面台の比較

  メリット デメリット
造作洗面台
  • オリジナルデザイン
  • 自由にカスタマイズ
  • カスタマイズの手間がかかる
  • 仕上がりイメージがつきにくい
  • 費用UPしがち
  • 保障対象外な場合がある
  • 各パーツ同士の親和性が低い場合がある
既製洗面台
  • イメージがつきやすい
  • 清掃性が良い
  • 収納量がある
  • オリジナル感がでにくい
  • デザインが古いものもある
  • 既成サイズに限られる

理想の洗面台について考えてみよう

洗面台

家族みんなのことを想うと「使いやすさ」と「清潔感」は譲れません!

重要視したいのは…清掃性、次にデザインでした。

明るく清潔 → 掃除しやすいつくり。窓から採光をとる。

すっきりお洒落 → シンプルなつくり。足元を圧迫しないデザイン。

選んだ第3の洗面台は…ハイブリット型?!

納得いくまで探す。何度も見に行くわが家です。
地元はもちろんですが、近くになければ東京のショール―ムまで確認しに行きました。

理想を叶えてくれたのは…

サンワカンパニーの洗面鏡とTOCLASの収納キャビネットの組み合わせ。サンワカンパニーの洗面鏡 と TOCLASの収納キャビネットの組み合わせ。

 

これは、既製品と造作の”いいとこどり”
オリジナルのようにみえつつも既製品良さを発揮してくれています。

AFFETTO(TOCLAS:ボウル&カウンター、収納キャビネット)

トクラス アフェット

宙に浮かんでいるかのような印象を与えるフロートタイプ。足元スペースがオープンなので見た目がスッキリ、子供用踏み台も収納できます。高いインテリア性で上質な空間を演出します。

ホテルミラーW900W/インウォール(サンワカンパニー:洗面鏡)

サンワカンパニー ホテルミラーサンワカンパニー ホテルミラーW900W/インウォール

 

ホテルライクでシンプルな収納付き洗面鏡。壁面からの出寸法はスリム、開放すると十分な収納量。圧迫感の少ないサニタリースペースを計画するときには、インウォール式(埋込型)のミラーボックスが特におすすめです。スリム設計のため安全で美しい商品です。

洗面台のデザイン、選ぶポイントはこれ!

  • ユニットタイプを避ける
  • パーツを選べるセミオーダー型デザインの既製洗面台を選ぶ
  • 明るく清潔感を保ちやすい環境づくり

ユニットタイプを避ける

ユニットタイプとは洗面ボウルや鏡、収納、照明、水栓がコンパクトにまとまった据え置き型の洗面化粧台です。デザイン、サイズが決まっているので自由度が低く、オリジナル感が演出しにくくなります。

セミオーダー型デザインの既製洗面台を選ぶ

最近では、それぞれ別のパーツを組み合わせて選べるシステムタイプの既製洗面台があります。

既製品なので洗面ボウルとカウンター素材が一体型ですし、ボウルと水栓の相性が悪いなどという不具合も無いのでおススメ。

子供がいるので、どうしても水が飛び散りがち…

木製カウンターにしていたらお手入れが気になってキィーっとなっていたと思います。カビが生えたり、劣化が起こるのは避けたいところです。

明るく清潔感を保ちやすい環境づくり

ここはとてもこだわった場所の一つ。
というのも、建て直す前は洗面所が家の中央にあり、とても暗かった…暗くてジメジメしていて気持ちの良い空間ではありませんでした。

耐水性が高く、白い壁紙

繋がりのある廊下やキッチンと色味は揃えつつ、別の機能性をもつ壁紙を選びました。水に強いのが何より安心です。

鏡の上下に窓を設置

鏡とカウンター部分を分け、鏡の上下に窓を設置しました。
窓はすりガラスにしているのでプライバシーを守りつつ、光を拡散してくれます。
明るくなって清潔感と抜け感が出ました!もちろん、日中はライトなしでOKです。

フロートタイプの洗面台はメリットが沢山!

  • デザイン性が良い
  • 足を半歩前へ入れられるので、お腹と洗面台がピタッとくっつく。→立ち心地がとても良く、子供でも床に水滴も垂れにくいです。
  • 子供の踏み台を収納しておくのに都合が良い→出っ張らないので、出しっぱなしにしても問題ないです。

まとめ

わが家はAFFETTO(TOCLAS:ボウル&カウンター、収納キャビネット)を採用することで、一見すると造作洗面台かな?と思える見た目に仕上がりました。

造作洗面台の特別感のある雰囲気が好みだったので、大満足!更に、ボウル&カウンターが一体型なので汚れが本当にたまりにくく、お掃除が楽チンで言うこと無しです!

洗面台は家族が毎日使う場所。使いやすさと共に、いつまでも清潔に保てることが大切ですね。

賢く収納でき、身だしなみを快適に整えられること、簡単なお手入れでいつもキレイに保てることにこだわった、欲張りで心地よい洗面化粧台を目指しましょう!